記事の詳細




人気の動物を題材にした、クイズ形式の知育アプリです。クイズに答えて、リアルな動物の動きと鳴き声をお楽しみ下さい。

 

 

■アプリ概要■

動物たちの簡単なトリビア(おもしろ豆知識)も学ぶことができます。
操作は簡単、広告表示も無いので小さなお子様でも安心して、すぐにお遊び頂けます。

【対象年齢】

感覚の発達が盛んになる2~3歳までのお子様に最適です。

【メニュー紹介、遊び方】

「どうぶつなあに」
~シルエットを見て動物を当てるクイズモード~
1.動くシルエットに注目!
2.正解だと思う動物を選んでタッチ!
3.続けて遊んで、動物たち全てをコンプリートしましょう

「どうぶつずかん」

~正解した動物たちを自由に見ることができる閲覧モード~
1.ずかん一覧から見たい動物を選んでタッチ!
2.選んだ動物をタッチすると、何度も鳴き声を聴くことができます。
3.”吹き出しボタン”をタッチすると、動物の説明が表示されます。
4.動物の名前を覚えたり、文字の勉強や読み聞かせにお役立て下さい。

「どうぶつをふやす」

~新しい動物たちと背景を増やすことができる追加モード~
12体の動物と3種類の背景が追加できます。
(課金領域となりますので、ご利用の際はご注意下さい。)

【特徴】

*リアルな描写と鳴き声
幼児期の子どもは、脳の成長が活発な時期です。
五感を通して良質な刺激を与えることが、子どものよき成長、自律を促します。
お子様の感性に応えることができるよう、動物のリアルな描写と鳴き声を素材として用いています。

*判断力・直感力・観察力を鍛える

シルエットクイズは、物を形だけで判断し類推する力が求められます。
言い換えると、物の形・構成を理解し、比較する力です。
それは、判断力・直感力・観察力につながります。
繰り返し遊ぶことで、お子様の判断力・直感力・観察力が鍛えられます。

*「学ぶ」習慣を育む

「遊び」が「学び」へ展開する過程で重要な要素は、知性の働きだと言われています。
知性の働きは、比較することから始まります。
知性が働いている状態で初めて、「遊び」は自発的かつ主体的な活動である「学び」へと展開します。
本アプリには、知性の働きを促す要素が詰まっています。
繰り返し遊んで、お子様の「学ぶ」習慣を育みましょう。

*簡単操作、シンプル設計

・基本操作は動物の画像をタッチするだけです。
・基本のメニューは分かりやすく、2つで構成しています。
・子どもに伝わりやすく、文字の表記はひらがなで統一しています。
・子ども自身が間違えを直感的に気付ける仕組みで、子どもの自発性を尊重します。

【アプリ基本情報】 (2015年5月27日現在)

アプリ名 :どうぶつなあに~シルエットクイズ!幼児・子ども向け知育アプリ

作者   :Anyware Inc.
カテゴリ :教育
価格   :無料(アプリ内購入あり)

Android要件:4.0 以上

QRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

掲載開始:2015年5月27日

関連記事

ページ上部へ戻る